CHANNEL WEB

会計人のリレーエッセイ

2018年08月号

んみゃ~ち宮古島

長濱 正

沖縄会

  

沖縄県浦添市長濱 正

今年の第43回全国統一研修会が、11月8日に沖縄県那覇市で開催されます。

研修会の内容については他の執筆者にお任せして(笑)、今回は研修会に併せて開催される「記念旅行」の2泊3日コースに組み込まれている「宮古島」について紹介します。

記念旅行では1日目が沖縄本島北部周遊で、オリオンビール工場見学や世界遺産の今帰仁城跡、ジンベエザメの飼育と大水槽で有名な「美ら海水族館」などを巡ります。

さあ2日目は、いよいよ那覇空港から飛行機に乗って宮古島へと移動します。

宮古島は沖縄本島の南西約290㎞に位置する平坦な島で、山も川もないことから生活排水などによる自然破壊がなく、透明な海と真っ白な砂浜が島民の自慢となっています。

また、宮古島のおすすめ観光地として開通順に「池間大橋・1425m」「来間大橋・1690m」、そして2015年に開通した「伊良部大橋・3540m」の「三大大橋」があります。特に伊良部大橋は無料で通行できる橋としては我が国で最長となっています。

個人的には、池間大橋から眺める池間島と大神島の眺望。来間島から眺める与那覇前浜ビーチの2㎞にわたる白い砂浜とエメラルドグリーンの海のコントラスト。伊良部大橋を通過するときの青空へ飛んでいくかのような絶景がおすすめです。

このほか宮古島では日本百景に指定されている「東平安名崎」や、国指定の名勝・天然記念物の「通り池(池なのに地下洞窟で海と繋がっています)」なども周遊します。移動中の車窓からは携帯会社のCMで全国的に有名になった「宮古島まもる君」も見られるかも。

宿泊についても、1泊目は「オリオン・モトブリゾート」、2泊目は「シギラベイサイド・スイートアラマンダ」と全室オーシャンビューのリゾートホテルとなっています。

ミロク会計人会の会員の皆様には、ぜひこの機会に第43回全国統一研修会 沖縄大会にご参加いただき、併せて記念旅行では宮古島での三大大橋からのエメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜、青い空とのコントラストを堪能していただけたらと思います。

んみゃ~ち(いらっしゃい)宮古島。

▲ ページトップ