活動報告(単位会)

東北会

東北会 活動予定

【東北会北地区】譲渡所得重要テーマポイント解説~所得税法の基本から措置法の特例まで~(2017/11/15)

2017/09/05

いいね!

-

日 時
2017/11/15 13:30~16:30
場 所
いわて県民情報交流センター・アイーナ 802
テーマ
相続税の件数が増加すると、必然的に未分割案件を扱う確率が高くなります。遺産分割協議が成立した場合や遺留分減殺請求が確定した場合、法定相続分で申告した税額に変動が生じます。取得財産が法定相続分より減額した場合は更正の請求手続きが必要となりますが、相続税独特の手続きや期限があります。
このセミナーでは更正の請求の具体的な手続きを解説します。

1.譲渡所得の基本の確認
 ・譲渡所得の課税の対象となる資産
 ・分離課税・総合課税、長期・短期の判定等譲渡所得を扱う上での必須の知識
 ・収入金額とは何か
 ・取得費及び譲渡費用の例示と限界

2.所得税法上の特例と留意点
 ・保証債務を履行するための譲渡の具体的事例と留意点
 ・等価交換をはじめとする所得税法の取扱いの留意点

3.措置法上の特例と留意点
 ・居住用資産を譲渡した場合の具体的事例と留意点
 ・事業用資産を譲渡した場合の具体的事例と留意点
 ・収用等により資産を譲渡した場合の具体的事例と留意点

4.その他の特例の留意点及び改正点
講 師
MJS税経システム研究所 客員研究員
税理士 武田秀和(たけだ ひでかず)氏

<略歴>
昭和50年4月 東京国税局総務部採用(国税専門官第5期)以後、東京国税局資料調査課、東京派遣監察官室、浅草、四谷、東村山各税務署資産課税部門に勤務。
平成20年8月 武田秀和税理士事務所設立

<主な著書>
『土地評価実務ガイド』(税務経理協会)
『相続税調査実態からみる申告書作成のテクニック(改訂版)』日本法令
『民法と相続税法からみる遺産分割協議と遺贈の相続税実務Q&A』
『税理士のための「相続税小口案件」対応マニュアル』以上、税務研究会
他多数
内 容

平成29年度第8回「東北税理士会認定」所長職員研修会を開催致します。
11月のテーマは「譲渡所得重要テーマポイント解説~所得税法の基本から措置法の特例まで~」です。

定員は40名となっております。
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

沢山のお申し込みをお待ちしております。

いいね!

-

 

コメント (0)コメントの閲覧・を投稿する場合には、会員の部屋への ログイン が必要となります。

コメントを投稿・閲覧する

▲ ページトップ