活動報告(単位会)

中部会

愛知西部地区会 活動報告

認定研修会「相続税調査に対する対応と相続税申告書の作り方(税理士法33条の2)の取扱い」(2018/10/18)

2018/10/19

いいね!

-

日 時
2018/10/18 13:30-16:30
場 所
名古屋ルーセントタワー33階 MJSセミナールーム
テーマ
相続税調査に対する対応と相続税申告書の作り方
(税理士法33条の2)の取扱い
講 師
税理士 田村 栄 氏
田村栄税理士事務所 所長
関東信越ミロク会計人会理事/研修委員長
内 容

【研修会を終えて】
田村先生の税務署時代の経験に基づいた貴重なお話しや、申告書の綴込の細かい順序など、多くの受講者の方が改めて学べる研修でした。また、追加内容の消費税軽減税率の委託販売の変更内容に関しては、気付いていらっしゃらない先生も多く、とても参考になったというお声を多くいただきました。
受講者アンケートでは、「全てのお話しが面白く、あっという間の3時間でした。」とお声をいただくことができ、大変有意義な研修会でした。
ご参加ありがとうございました。

■セミナー概要
Ⅰ.相続税調査に対する対応
 1.相続税調査の着眼点を知る
 2.相続税調査対象事案の選定方法を知る
 3.相続税調査の準備調査を知る
 4.相続税調査の連絡を受けた場合の対応と調査の意味
  (1) 調査連絡を受けた際の調整
  (2) 調査開始時間の意味・目的
  (3) 被相続人に関する質問の意味
  (4) 相続人についての質問の意味
  (5) 書類提出の求め方の意味
  (6) 相続人の財産についてまで質問、調査する意味
  (7) 現況調査の意味と対応
  (8) トイレと現況調査
  (9) 贈与と貸付金
Ⅱ.相続税申告書の作り方
  1.準備の重要性
  2.作業の並行性
  3.先手必勝か手の内秘匿か
  4.説明文、メモの活用
  5.預貯金・証券類の異動明細表の活用
  6.添付資料の範囲
  7.申告書・添付資料の編綴方法
  8.緊急避難的申告書の提出
  9.申告書提出に当たっての説明責任
 10.申告書提出後の管理事項
Ⅲ.遺産分割や相続人とのかかわり方の基本
<追加内容>
消費税軽減軽減税率に向けてのポイント


認定研修会講師 田村栄先生


認定研修会風景

いいね!

-

 

コメント (0)コメントの閲覧・を投稿する場合には、会員の部屋への ログイン が必要となります。

コメントを投稿・閲覧する

▲ ページトップ