活動報告(単位会)

関東信越会

茨城地区会 活動報告

(所長職員研修)取引相場のない株式を移動する場合のケーススタディ~株式の時価とみなし贈与などの課税問題~(2018/10/12)

2018/12/26

いいね!

-

日 時
2018/10/12 13:30~16:30
場 所
茨城県開発公社ビル 2階 中会議室
テーマ
取引相場のない株式を移動する場合のケーススタディ~株式の時価とみなし贈与などの課税問題~
講 師
谷中 淳 先生
出席数
7名
内 容

事業承継が大きな問題となり、分散株式の集約等自社株式を移動するケースはこれまで以上に増加しています。しかし、実務上、この自社株式の移動に際しての税務上の適正額の判断は非常に難解なものとなっています。一般的に考えていることと、税務の考え方には隔たりがあります。ちょっとした違いで評価がまったく相違して課税されてしまうので、注意しなければならないことが多くあります。そこで今回は、自社株式の移動にあたっての税務上の適正額の判断、その他の留意事項を解説いたします。顧問先である会社に対して税理士としてアドバイスしなければならない事項をケーススタディで整理します。

いいね!

-

 

コメント (0)コメントの閲覧・を投稿する場合には、会員の部屋への ログイン が必要となります。

コメントを投稿・閲覧する

▲ ページトップ