活動報告(単位会)

関東信越会

埼玉地区会 活動報告

【WEB研修】民法(相続法)改正が相続税の実務に与える影響~配偶者居住権等を中心として~ (2020/09/07)

2020/10/28

日 時
2020/09/07 13:30~16:30
場 所
Zoom
テーマ
本講座では、昭和55年以来約40年ぶりに大幅に見直しされた民法のうち、相続法の一部改正について解説を行うとともに、その民法(相続法)の一部改正が、相続税の申告実務にも影響を与えることから、本講座では相続税の申告実務に影響を与える項目について解説を行います。
特に、配偶者居住権については、相続税・贈与税だけでなく譲渡所得税についても詳解します。
講 師
MJS税経システム研究所客員研究員
税理士 中島 孝一 氏
出席数
22名
内 容

◆研修概要
[1] 民法(相続法)の改正
 1 改正の経緯
 2 配偶者居住権等の創設 
 3 遺留分制度に関する見直し
 4 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策(特別の寄与)
 5 その他の改正
[2] 相続税の実務に与える影響
 1 配偶者居住権等に対する相続税の課税について
 2 配偶者居住権等に対する贈与税の課税について
 3 配偶者居住権等に対する譲渡所得税の課税について
 4 遺留分制度に関する見直し
 5 特別寄与料の取り扱い

税制改正点の重要ポイントだったこともあり、受講者様から「とても参考になった」「また開催してほしい」と好評でした。

 

コメント (0)コメントの閲覧・を投稿する場合には、会員の部屋への ログイン が必要となります。

コメントを投稿・閲覧する

▲ ページトップ