活動報告(単位会)

中国会

広島地区会 活動報告

財産評価に関する近年の改正の重要ポイント解説 ~被災財産から暗号資産まで~(2021/8/5)

2021/07/19

日 時
2021/8/5 13:30~16:30
場 所
MJS広島支社 研修室  ハイブリッド開催(Web+会場)
テーマ
財産評価に関する近年の改正の重要ポイント解説
~被災財産から暗号資産まで~
講 師
税理士 武田 秀和(たけだ ひでかず)
MJS税経システム研究所客員研究員
出席数
28名
内 容

■受講者の声
「参考になった」
「配偶者居住権の話が聞けて良かった」
等、大変参考になったとのお声を多数いただきました。
充実した研修会でした。

■研修内容
近年、相続税法や財産評価についての改正等が行われています。特定非常災害による被害(令和2年豪雨の被害等)を受けた場合の土地建物の課税価額の特例、地積規模の大きな宅地の評価の創設、景観重要建造物である家屋とその敷地の評価などが公表されています。
相続税等を扱う上で見逃しにできない近年の財産評価の改正や留意点を解説します。

1.景観重要建造物である家屋とその敷地の評価
2.歴史的風致形成建造物である家屋とその敷地の評価
3.風景地保護協定が締結されている土地の評価
4.特定非常災害発生日以前に相続等により取得した
財産の評価
5.特定非常災害発生日以後に相続等により取得した
財産の評価
6.土砂災害特別警戒区域内にある宅地の評価
7.歩道状空地の用に供されている宅地の評価
8.庭内神し及びその敷地の評価
9. 地積規模の大きな宅地の評価
10.暗号資産(仮想通貨)の評価

 

コメント (0)コメントの閲覧・を投稿する場合には、会員の部屋への ログイン が必要となります。

コメントを投稿・閲覧する

▲ ページトップ