研修・セミナー

研修・セミナー

【Web研修】不十分な信託契約書のチェックポイント&目的別のスキームと信託契約書の書き方

このセミナーは受付終了しました

開催日時 10月14日(水)13:30~16:30
講師 特定行政書士
MJS税経システム研究所 客員講師
松尾 陽子 氏

この講師のホームページを見る

会場 LIVE配信 Web研修(Zoom使用)

〒980-0014

仙台市青葉区本町1-1-1 三井生命仙台本町17F

TEL:022-225-0369

セミナー形式 集合研修
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 会計人会会員の方:2,728円(税抜)/3,000円(税込)
TVSご加入の方:4,546円(税抜)/5,000円(税込)
一般の方:6,364円(税抜)/7,000円(税込)
※後日請求書をお送り致しますので、そちらでお支払いをお願い致します。
認定 東北税理士会認定研修
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
定員 40名
備考
担当支社 株式会社ミロク情報サービス盛岡支社 TEL:019-625-0369 担当:高橋亜矢子

このセミナーは受付終了しました

セミナー内容

商事ではない一般の方が信頼関係のもとで行う信託が普及するようになり、信託法の理解の少ない方が作った契約書を見かけるようになりました。信託は長く続くもので、途中の経過や終了がどのようになっても対応できるようにしておかなければいけません。依頼者の願いが実現できるようにどう契約書に書けばよいかを説明します。

・信託の基本
・民法の制度との違い
・間違った契約書
・実務で困る契約書
・将来困る契約書
・信託が終われない契約
・願いを叶えるための条文
・願いを実現させるための契約書の書き方
・目的別提案事例

▲ ページトップ