研修・セミナー

研修・セミナー

【WEB研修】簡易課税制度選択の留意点と業種区分の考え方 -「簡易」といえない判断の留意点-

このセミナーは受付終了しました

開催日時 12月04日()13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
佐々木 京子 氏

この講師のホームページを見る

会場  

〒WEB-

TEL:052-955-3690

セミナー形式 集合研修
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 中部ミロク会計人会 会員の方:無料 
TVSご加入の方:5,000円(税込) 
一般の方    :7,000円(税込) 
テキスト代   :1,000円(税込) 
※テキストのみの販売はしておりません。
※他単位会の会員の方も、中部会の規定に準じます。
認定 名古屋税理士会認定研修
東海税理士会認定研修
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
※他の地域の方は、ご自身の所属税理士会へ別途申請が必要となります。ご注意願います。
定員 60名
備考
担当支社 名古屋支社 担当:犬飼/大山
TEL:052-955-3690 FAX:052-856-5369

このセミナーは受付終了しました

セミナー内容

簡易課税制度選択・不選択届出書は、事前に提出することが原則です。
また、過度の税負担回避を防止するため、近年改正が重ねられています。
簡易課税制度選択の判断と、適用すべき業種区分について、軽減税率導入の今、確認すべき点を交えて解説します。

1.簡易課税制度選択・選択不適用届出書
2.特定非常災害に係る特例
3.納税義務の免除、高額特定資産取得との関係
4.軽減税率導入後の申告書と、導入時の特例
5.業種区分の基本と改正事項
6.業種区分の問題点と具体例

▲ ページトップ