研修・セミナー

研修・セミナー

【WEB研修】ミス事例から学ぶ消費税実務の落とし穴【2】 届出書・納税義務判定編

このセミナーは受付終了しました

開催日時 06月18日(金)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
石井 幸子 氏

この講師のホームページを見る

セミナー形式 Webセミナー
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 中部ミロク会計人会会員の方:無料
TVSご加入の方:5,000円(税込)
一般の方    :7,000円(税込)
テキスト代    :1,000円(税込)
※テキストのみの販売はしておりません。
認定 名古屋税理士会認定研修申請中
東海税理士会認定研修申請中
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
定員 70名
備考
担当支社 静岡支社 担当:長谷川 
TEL:054-254-2885 FAX:054-254-3024

このセミナーは受付終了しました

セミナー内容

 税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数は、消費税が常に首位を占めています。個々の規定はそれほど難しくないものであっても、実務ではうっかりミスをしてしまうのが消費税の落とし穴といえます。
 そこでこのセミナーでは、ミス事例を題材に消費税の届出書や納税義務判定の実務上の留意点を解説します。

1.届出書関係
 (1)課税事業者届出書(基準期間用・特定期間用)
 (2)課税事業者選択(不適用)届出書
 (3)簡易課税制度選択(不適用)届出書


2.納税義務判定関係
 (1)小規模事業者に係る納税義務の免除
 (2)特定期間の売上高等による納税義務の免除の特例
 (3)新設法人の納税義務の免除の特例
 (4)特定新規設立法人の納税義務の免除の特例

▲ ページトップ