研修・セミナー

研修・セミナー

【WEBセミナー】効率性と正確性の向上を同時に達成するために経理担当者のExcel活用術Webセミナー

お申し込み

開催日時 06月03日(木)10:00~16:00
講師 公認会計士
税理士法人ベルダ代表社員
四国大学経営情報学研究科講師

林 健太郎 氏
セミナー形式 Webセミナー
対象システム
対象 会計事務所向け 企業向け
受講料 事前登録制
無料
認定
定員 30名
備考
担当支社 ミロク情報サービス 京都支社 担当:西川
TEL:075-344-1836  FAX:075-344-1837

お申し込み

セミナー内容

<こんな方にオススメ!>
●Excelを実務で活用したい
●無駄な作業時間を減らしたい
●即戦力になる人材を育成したい
●業務改善・効率化の考え方を習得したい

【セミナー概要】
Ⅰ 経理・予算管理のExcel活用の大原則
 1.Excel 活用の考え方~考え方(戦略)とテクニック(戦術)の攻略
 2.業務の課題とExcel の関係~効率と効果両面をExcelへ落とし込むには
 3.業務内のExcel の役割と種類~場面別Excel とファイル種類
Ⅱ 「作る」 担当者が用意するExcel ①有形テクニック編
 1.ファイルの構造とコツ~効率化はファイル数が7割
 2.表作成のコツ~属人化排除のカギは表作成にあり
 3.セルへの入力・計算~繰返しや手入力を減らす機能(各種コピペ、置換)の徹底活用
 4.セルの表示~金額単位など頻出項目の表示の標準化
 5.ミスの防ぎ方とチェックの仕方~Excel 版予防的コントロールと発見的コントロール
 6.業務場面別関数の活用~関数は場面とセットで理解することが重要
Ⅲ 「作る」 担当者が用意するExcel ②無形テクニック編
 1.経理・予算管理に必要なショートカット一覧~ショートカットは高速化への最短ルート
 2.経理のための場面別機能~トレース、並び替えなど
 3.予算管理のための場面別機能~ゴールシーク、ウォーターフォールなど
Ⅳ 「使う」 部門内で活用するためのExcel
 1.使われるExcel の3つのポイント~発見可能性、最新性、正確性
 2.フォルダ体系の考え方~数字の時制と部門で異なる
 3.ファイルのバージョン管理~階層の明確化と名称の標準化
Ⅴ 「見せる」 経営者に報告するためのExcel ①資料のつくり方
 1.見せるExcel とは~理想の姿と経理・予算管理業務への実践適用
 2.報告資料のチェックポイント~頭を使わせないための定型化と言語化
 3.報告資料作成の流れ~最初からExcel を使わないことがカギ
 4.データベースを活用した報告資料の作成~分けることで高速化と効果倍増を実現
VI 「見せる」 経営者に報告するためのExcel ②報告の仕方と他部門向け資料の場合
 1.経営者への報告の流れとポイント~経営者のツボを押さえる
 2.他部門向け資料のポイント~活用目的と経営者視点でサポートに徹する
 3.相手に応じた報告の仕方~会計リテラシー別対応方法
Ⅶ Excelのさらなる実践と活用のヒント
 1.Excel マクロ~活用はフローチャートと必ずセットで
 2.チームでのExcel への取り組み~チーム展開により効率化は大幅加速
 3.Excel テクニックの習得方法~社内と社外の両方のリソース活用
 4.AI(人工知能)やRPA(Robotic Process Automation)の活用~近い未来のバックオフィス業務の大変化

▲ ページトップ