研修・セミナー

研修・セミナー

【Web研修】相続税実務の〝鉄則〟に従ってはいけないケースとその留意点

お申し込み

開催日時 07月07日(水)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
中島 孝一 氏

この講師のホームページを見る

セミナー形式 Webセミナー
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 関東信越ミロク会計人会会員1人目:無料
〃 2人目以降:2,000円(税込)
他単位会 ・ TVS加入者:5,000円(税込)
一般:7,000円(税込)
テキスト代 2,000円(税込)
※テキストのみの販売はいたしておりません。
※他単位会会員またはTVSにご加入の方は5,000円(税込)・TVSにご加入でない方は7,000円を頂戴いたします。
認定 関東信越税理士会認定研修
日本FP協会認定継続教育単位(3単位)
定員 50名
備考
担当支社 さいたま支社 担当:山名・鈴木
TEL:048-647-3091 FAX:048-647-3540

お申し込み

セミナー内容

相続税実務では基本姿勢ともいうべき「鉄則」が存在します。例えば、相続税法上の各種特例の適用を受けるためには、その適用要件である「遺産は申告期限までに分割すること」などです。
しかし、一方で、相続税実務では、各相続人などの個別的な要請に沿うため、「鉄則」が存在することを前提としつつ、「あえて鉄則から外れる」ことがあり、「あえて鉄則から外れた」としても、各相続人などが相続税法上のメリットを享受できることもあり得ます。
そのため、本講座では、相続税実務における基本姿勢である「鉄則」の存在を紹介するとともに、その「鉄則」を前提にするとしても、「あえて鉄則から外れる」ことが相続税の申告依頼者の要請を達成することになる具体例を解説します。

鉄則1 遺産(宅地)の共有化は避ける      
鉄則2 預貯金は口座名義に従い申告する         
鉄則3 配偶者の税額軽減は限度額まで適用する 
鉄則4 小規模宅地等は平米単価の高い宅地を優先して適用する
鉄則5 法人版事業承継税制は適用する     
鉄則6 配偶者居住権は設定する

▲ ページトップ