研修・セミナー

研修・セミナー

【Web:LIVE配信】事業承継・自社株対策の実践と手法~最新の自社株承継の実務~

このセミナーは受付終了しました

開催日時 09月17日(金)13:30~16:30
講師 公認会計士・税理士・行政書士・ITコーディネーター
MJS税経システム研究所 客員講師
成田 一正 氏

この講師のホームページを見る

セミナー形式 Webセミナー
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 受講料は、テキスト代、テキスト送料込みとなります。
●九州ミロク会計人会会員及び会員事務所職員
 1名  3,000円(税込)
●MJSユーザー(非会員)所長及び職員
 1名  7,500円(税込)
●一般税理士事務所所長及び職員
 1名  9,000円(税込)
1. テキストは、事前に郵送にてお届けいたします。
2. お支払い金額は テキスト代(送料込み)となります。特にお申し出のない限り、後日ご請求させていただきます。
※テキストのみの販売はいたしておりません。
認定 <九州北部税理士会認定研修申請中(3時間)>
<日本FP協会継続教育単位認定申請中(3単位)>
定員 100名
備考
担当支社 株式会社ミロク情報サービス福岡支社 担当:松ケ迫・松下
TEL:092-481-3690 FAX:092-472-4052

このセミナーは受付終了しました

セミナー内容

 オーナー経営者は全体的に高齢者が進み事業承継が急がれます。昭和の経営者がそのまま経営を継続しているケースも散見されます。平成の時代から様相は変化し、事業承継も多様化してきました。
 令和の時代では昭和の時代からの事業を引き継いだ二代目経営者から三代目経営者に引き継ぐことも課題になっています。
 事業承継には正解が何かはとてもむずかしいところです。ただし、経験上は一定の方向性を探ることができますので、それをご紹介いたします。
株価の引き下げ対策の各種手法は絞られてきました。その一部をご紹介します。

・直近の事業承継問題の課題
・後継者は育つものではなく、育てるもの
・自社株は誰に引き継がせるべきか
・自社株対策はなぜ必要か
・民法上の相続問題との関係
・分散している株式をどう集めるか
・持株会社方式とその良いところ悪いところ
・オーナー経営者と貸付金、借入金
・自己株式の利用方法と留意点
・事業承継税制は利用するべきか
・自社株対策と組織再編の利用方法
・財団法人の利用とその意義 他

※上記の項目は、予告なく変更する場合がございます。

▲ ページトップ