研修・セミナー

研修・セミナー

【Web開催】高齢者の財産管理と家族信託の利用の現状 -認知症対策、成年後見制度、家族信託利用方法-

このセミナーは受付終了しました

開催日時 11月15日(月)13:30~16:30
講師 公認会計士・税理士・行政書士・ITコーディネーター
MJS税経システム研究所 客員講師
成田 一正 氏

この講師のホームページを見る

セミナー形式 Webセミナー
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 東京ミロク会計人会:会員無料
TVS加入者:5,000円(税込)4,546円(税別)
一般(上記以外の税理士):6,000円(税込)5,455円(税抜)
認定 千葉県税理士会認定研修(3時間)
日本FP協会継続教育単位認定(3単位)
定員 100名
備考
担当支社 千葉支社 担当者:岩﨑・佐橋 TEL:043-225-0369

このセミナーは受付終了しました

セミナー内容

民法も改正になり、個人の意思能力が重要となってきています。
会計事務所としては顧問先社長等の意思能力の低下というリスクを抱えています。認知症対策として会計事務所が行えうる事柄を解説します。
家族信託という選択肢が紹介されてからしばらく経ちますが、まだまだ浸透はしていません。しかし、税理士のツールとしては必要不可欠です。本講座は特に会計事務所が家族信託で活躍する実務対応状況の解説をします。
前回から最近の情報を入れてステップアップします。

・超高齢社会における認知症の現状
・認知症対策の現状
・家族信託の有効性を後見制度と比較検討
・家族信託の仕組み概説
・家族信託法務と税務
・各業界の動向
・信託制度を活用できる場面
・顧問先等に信託を薦める
・福祉型信託へのお誘い
・不動産管理信託、事業承継信託、実家信託
・信託契約で税理士の留意事項
・受託者の業務の助言・指導
・会計事務所の受託者業務の指導
・顧問先から相談された時の回答例
・事業承継税制を選択するか事業承継信託か

▲ ページトップ