北陸ミロク会計人会(北陸会) 会長あいさつ

北陸会会長 桶屋 泰三

北陸会会長 桶屋 泰三

 世界的に新型コロナウイルスが猛威をふるい人的および経済的被害は甚大で、日本でもコロナ関連の倒産件数が8月現在で1,800件以上とのことです。
 さらにこの夏には第5波が来ているとのことで新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、ワクチン接種の拡大や一刻も早い治療薬の開発が待たれる状況です。会員の皆様に感染者が出ないことお祈りします。

 さて、税理士とすれば業務のAI化が懸念されるなか税務関連の知識はもちろんですが、それ以外にクライアントにどんな知識を提供でき、アドバイスしていくことができるのかというのは非常に大切な分野になります。企業の決算内容や財務事情、社長の意向などを総合的に判断し、企業の収益性を高めていくために必要なアドバイスを行うコンサルティング業務は、まだまだ人間にしかできない仕事です。
 クライアントの右腕となり、経営コンサルティングの領域で力を発揮できる税理士は、いつの時代も必要とされる存在であり続けると考えられます。

 税務においても事業承継対策、インボイス制度の導入、海外資産への課税強化など問題も山積みですが、クライアントによっては自身の課題が具体的に把握できていないケースがあります。そこで税理士はクライアントにおける課題を的確に把握し、また、クライアントが本当は何を求めているのかを聞き出す能力が問われてくるようになっています。 
 そのためにも、常にアンテナを高くして事業・業界に関する幅広い情報収集に努めることは重要です。 
 さらには、会員皆様にはミロク会計人会のWEB研修やセミナーを通じてスキルアップを図っていただくとともに、ミロクシステムにつきましても、より一層効果的・効率的なものとするためにご意見をいただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。              

北陸会のご案内

当会は、石川県・富山県・福井県で株式会社(株)ミロク情報サービスのコンピュータシステムを利用する会計事務所で組織している団体でございます。

北陸会の組織図

ミロク会計人会連合会 北陸会の組織図

▲ ページトップ