ミロク会計人会のご案内

ミロク会計人会連合会

会長あいさつ

会長 金子 秀夫

ミロク会計人会連合会 会長 金子 秀夫

 先頃のミロク会計人会連合会総会において、前会長平川忠雄先生の後任として会長職を仰せ付かりました金子秀夫です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 いま、全国の中小企業経営者の皆様は、経済社会のグローバル化の中で、サバイバビリティを賭けた経営努力を、日夜、発揮されています。

 この中小企業経営者の方々に寄りそい、最も身近かなアドバイザーとして機能しているのが税理士・公認会計士などの職業会計人です。

 ミロク会計人会連合会は、全国にある11の単位会の連合体として、日々、中小企業経営者のニーズに応えている職業会計人の皆様に最新の情報を提供し、共にスキルを高め、関与先企業の発展に寄与することを目的として活動しています。

 この場合、日本の中小企業に最も適したコンピューターシステムとソフトウェアを(株)ミロク情報サービス(以下MJSという。)から提供を受け、逆に私たちからはさらなる改良と機能の向上を計るよう具体的提言もしているところに大きな特徴があります。

 MJSのシステム機能を駆使する私達は、最新の租税情報を実務に活かすことはもとより、顧客の経営資源を活用した経営改善策の提供や、将来計画に基づく合理的事業承継への対応など、多面的なニーズに日常的に応えていると自負するものであります。

 また、全国11の単位会では、実務に即した各種の研修会を活発に行っており、これが会員事務所の業務資質の向上と合理化、ひいては業務拡大に結び付いております。

 最近では、他のコンピューターシステムを使いつつ、ミロク会計人会の研修事業などがすばらしいので参加したいという方もふえています。まずはMJSが提供するサービスの一部を利用しながらミロク会計人会に入会して、会員として活動することもアリなのです。

 そこで私達は、MJSシステムの利用者を拡大することと併せて、ミロク会計人会の増強が、わが国の中小企業の活性化に寄与することとなることを確信し、いっそうの組織拡大と事業内容の充実に努めて参りたいと存じます。

 ひと回り大きなミロク会計人会を目指して、全国の皆様と共に頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ミロク会計人会連合会の目的

本会は、(株)ミロク情報サービスのコンピュータ・システム及びサービスを導入している全国の職業会計人の業務の改善・進歩と職域の拡大を達成すると共に、社会的地位の向上と事務所の経営基盤の強化を実現するため、各地区にあるミロク会計人会(以下、単位会と称する)の意見統一を図り、(株)ミロク情報サービスとの連絡調整を行う機関としての機能を果たすこと、並びに単位会及びその会員に対し連絡・助言を行うことを目的とする。

  • 1.業務の改善・進歩
  • 2.職域の拡大
  • 3.単位会の意見統一
  • 4.(株)ミロク情報サービスとの連絡調整機能

ミロク会計人会連合会の事業と活動報告

事業

本会は下記各号による本会が決定した諸施策に関し、(株)ミロク情報サービスと協議をなし、これの実現を図る。

  • 1.単位会の会員の社会的地位の向上並びに会員事務所の合理化と業務の拡大による
      経営基盤強化に対する連絡・助言
  • 2.単位会の会員のためのコンピュータ・システム及びサービスの開発・改善の意見統一と
      その普及推進
  • 3.単位会の会員並びにその補助者に対する各種研修・教育の実施
  • 4.業界ネットワークの構築と事業提携による商品の開発・提供
  • 5.会報の監修及び、各種情報コンテンツの開発・提供
  • 6.単位会の会員事務所と顧問先企業の発展に寄与する経営システム・経営ノウハウの
      研究と開発に関する提言
  • 7.連合会・各委員会の広報活動
  • 8.単位会の会員相互間の親睦と福祉のために必要な事業
  • 9.その他本会の目的を達成するために 必要な事業

その他の事業

本会は、本会の目的にかかわらず公認会計士・税理士に対し次の事業を行う。

  • 1.コンピュータシステムを利用した電子申告・電子納税の普及啓発並びに研修
  • 2.商法税法等の諸法令及び会計制度の研修

ミロク会計人会連合会 組織図

ミロク会計人会連合会 組織図

▲ ページトップ