研修・セミナー

研修・セミナー

中小同族会社における自己株式の活用

お申し込み お申し込み

開催日時 08月21日(水)10:00~16:00
講師 植田 卓

この講師のホームページを見る

会場 ㈱ミロク情報サービス 岡山支社

岡山市北区下石井2-2-5 ニッセイ岡山スクエア10F

TEL:086-226-5186

セミナー形式 ハイブリッド型セミナー
対象システム
対象 会計事務所向け
受講料 中国ミロク会計人会会員 4,400円(税込)
上記に当てはまらない方  8,800円(税込)
※他単位会会員の方の受講料は、中国会の規定に準じ、8,800円(税込)を頂戴いたします(テキスト代を含む)。 
認定 中国税理士会認定研修申請予定
日本FP協会継続教育単位認定研修5単位
定員 100名
備考
担当支社 岡山支社 担当:篠田・藤田 
電話:086-226-5186 FAX:086-223-2131
広島支社 担当:國弘・段原 
電話:082-511-3695 FAX:082-222-3691

お申し込み お申し込み

セミナー内容

 自己株式の保有は、現在では原則として自由化され、様々な面で活用の機会が生まれています。
 また、会社法の規定上、例えば減資を行うとともに発行済株式も減少させる場合には、自己株式を取得する必要があるなど、中小同族会社においても、自己株式の取得が様々な面で発生します。
 今回は、中小同族会社において、どのような場合に自己株式を取得するケースが生じるのかを、事例形式で検討した上で、会社法上の手続きと会計処理も確認しながら、会社と株主における税務上の問題点について検討していきます。

1.自己株式を理解するための基本項目
2.事例検討
 (1)株式の譲渡を希望する株主からの時価による取得
 (2)株式の譲渡を希望する株主からの払込額による取得
 (3)従業員持株会の受け皿としての取得
 (4)出資者の構成が変化した場合の
株式の処理・繰越損失がある場合の損失補填減資
3.会社法における自己株式の規定
4.自己株式の取引をめぐる会計処理
5.税法における自己株式の規定

※上記の項目は、予告なく変更する場合がございます。

▲ ページトップ