お知らせ

事務局からのお知らせ

2015/12/04

お知らせ

ミロク会計人会とmmapが業務提携、 顧問先の事業継続、事業承継を共に支援

mmap との業務提携

この度、ミロク会計人会は、株式会社MJS M&Aパートナーズ(以下、mmap)と業務提携を行いました。今後、会員事務所とmmap とのパートナーシップを推進し、顧問先の事業継続、事業承継における課題解決に取り組んでまいります。
ミロク会計人会は、「日本の未来-企業を支える」をコンセプトメッセージに、職業会計人として顧問先の企業活動を支え、日本経済の発展に貢献することを活動の方針としています。
一方、国内全体が少子高齢化社会を迎える中、中小企業の経営者においても高齢化が進展しています。『中小企業白書2014』によると、年齢別の自営業主の推移において、2012年時点で60-64歳の占める割合が最も高く、70歳以上の年齢層の割合が過去最高になっています。
また、やむを得ない状況で廃業を決断された経営者において、3割以上が事業承継を検討した経験があり、そのうち、2割強の経営者が「後継者が見つからなかった」ため事業承継が進まなかったと報告されています。
このように、中小企業の経営者が事業を託せる相手を見つけられずに、やむなく廃業を選択するケースも少なくありません。
これにより、日本の素晴らしい文化や伝統、洗練された技術やノウハウが失われる恐れがあり、また、中小企業や人口の減少による地域経済の衰退が懸念されています。
mmapは、昨年、MJSの100%子会社として設立され、後継者不足、景気低迷の余波を受けた資金難、優秀な人材の確保・育成など、中小企業が抱えるさまざまな経営課題を経営者とともに解決することを目的とした会社です。
小規模な顧問先企業の事業承継にも積極的に対応し、あくまでも譲渡希望の側に立って、親身なアドバイザリーサービスを提供します。
中小企業のさまざまな経営課題の解決に尽力されている会員事務所の皆様と、事業承継に関する豊富なコンサルティング経験を持つmmapが協力体制を築くことにより、大切な顧問先を廃業させることなく、明るい未来へ導くことを目指してまいります。
mmapとのパートナープラン顧問先企業の事業承継を支援するためのパートナープラン(会員事務所とmmap間)は、事務所の状況に合わせて2種類の形態から選択できます。
①紹介パートナー会員事務所の顧問先における事業承継の課題をmmapが解決します。成約に至った場合、ご紹介料を会員事務所とミロク会計人会にお支払いします。
②アドバイザリーパートナー
会員事務所とmmapが顧問先の事業承継を共同で支援します。業務や報酬の具体的内容は、協議のうえ決定します。

mmap(株式会社MJS M&Aパートナーズ)の会社案内パンフレットのダウンロードはこちら

中小企業M&Aのことならmmap会計事務所様向けチラシ⇒こちら

ご相談シートのダウンロードはこちらです。

・mmap会社案内パンフレット ・mmap会計事務所様向けチラシ ・ご相談シートのダウンロードを行うには、ミロク会計人会会員のIDとパスワードが必要です。IDとパスワードのお問い合わせはこちらです。
mmapの詳細は、mmap(TEL:03-5324 - 0231)またはMJSの担当支社・営業所へお問い合わせください。
 

コメント (0)コメントの閲覧・を投稿する場合には、会員の部屋への ログイン が必要となります。

コメントを投稿・閲覧する

▲ ページトップ